身体障害者支援施設 永幸苑

ご挨拶

社会福祉法人 翠昂会 理事長 川崎喜男

変動する社会的経済的諸条件のもとで生ずるひずみが、国民生活の上に大きな影響を与え、各種の福祉に欠ける状態が発生しております。

我が国の身体障害者は年々増加の一途をたどりつつあり、最近は交通事故や労働災害による重度障害者の増加、介護者の高齢化も問題になっています。この度、国、千葉県、四街道市及び各市町村の補助金、社会福祉医療事業団により借入金、その他、各方面から寄せられた御援助のもとに障害者支援施設「永幸苑」が完成いたしました
今後、私共理事長及び職員は、利用者の為に福祉と医療の両面から一生懸命努力する所存でございますので、倍旧のご支援、ご協力を承りますよう心からお願い申し上げます。


社会福祉法人 翠昂会 常務理事施設長 川崎鉄男

平成17年4月からISO9001:2000年認証取得のため特別委員会(委員長 川崎 鉄男メンバー15名)を設置した。この福祉業界では、クオリティ(品質)管理という概念は意識されず、また必要に迫られてもいなかった。 厚生労働省が示した『サービス評価基準』のマニュアル整備が要求され、わが法人も整備したが、具体的な手順が明確でなくマニュアルはすばらしいものであったが、職員に浸透するどころか”文章があるだけ”であった。 そこで措置制度最終年度 平成15年4月の支援費制度をターゲットとして取得をこの特別委員会を中心に職員一丸となり、3月3・4日にISO本審査が終り認証取得された。今回ISO認証取得にあたって、㈱TMKコンサルティング笠嶋氏をはじめ、柔軟性・前向き・優秀な職員、ISOシステムを理解して頂いた法人役員・利用者・家族のご協力に感謝致します。

 このシステムを一年間勉強して感じたことは、このISOは福祉に合っていると自信を持って言えるようになった。利用者・家族の満足度の向上、支援の確実なチェックにより是正・予防を確実に行うシステムで、それは二度と同じクレームやミスが起きないよう改善への財産として、確実に蓄積される。取得に基づき継続して業務の見直しがなされ、法人(両施設)の問題点が解決され、改善されていき、その繰り返しによって質が向上する。 ISOでよく言われることが、取得することがゴールではなく、取得してからがスタートだと。福祉サービスの質がすぐ向上するということには直接は結びつかないこともわかる。このシステムをたたき台にしながら、改訂・更新をすることによって、福祉サービスを高めていきます。

 今後の展望として、ISOシステムの維持はもちろんですが、現在の利用者満足度が60%前後ですので、80%以上を目指します。法人の体質強化で「人材の養成力アップ」に力を入れていきます。期待してください。

社会福祉法人 翠昂会

〒284-0041 千葉県四街道市上野199番地
TEL 043-432-2851  FAX 043-432-0572
アクセスマップ
お問合せ